INFORMATION

2019/05/28

活動報告

第5回「これからの生き方を考える会」開催レポート 前編

株式会社スタッフロールは2018年4月より「これからの生き方を考える会」をスタートさせました。多様なバックグラウンドを持つ方々とのつながりの中から、これからの時代を生きるひとりひとりの新しい在り方を模索していきます。
今回は2018年9月に行われた第5回のレポート【前編】をお届けします。

第5回テーマ「コミュニティと暗号通貨」

第5回の話題提供者は、ファイナンシャルプランナー織田事務所代表の織田昌典さん。1級ファイナンシャルプラニング技能士・日本FP協会会員ファイナンシャルプランナー CFP®︎ として、名古屋を拠点に各地でご活躍されています。
参加者はクリエイター、経営者、特例子会社で働く障害のある方、臨床心理士、大学職員、障害福祉支援者など、今回もバラエティに富んだ9名のメンバーが集まりました。

織田さん:ファイナンシャルプランナーになってちょうど12年になりますが、金融業界をはじめ、過去10年間では考えられなかったことが、ここ2年ぐらいで急激に起こっています。この変化に暗号通貨が大きく関係しているのは間違いありません。いま起きている変化をどう捉えていくのか。それが、今後の社会の在りように繋がると考えています。

地球規模でお金のことを考えるために生まれた「暗号通貨」

〔 暗号通貨の基礎知識|©️ファイナンシャルプランナー織田事務所 〕

前半は織田さんによる手描きグラフィックのストーリーに沿って、暗号通貨の基礎知識を解説していただきました。

織田さん:まずは「中央集権」と世間で言われている構造について。日本に限らず、世界を見ても多くはこの構造に沿っていると言えます。学校、企業、政治。最終的にジャッジする人たちの権限が真ん中にあり、トップダウンで情報が伝達されていくという仕組みです。
僕たちは、生活に関係する様々なことを誰かに委ねて暮らしていますが、どれだけ優れた人でも賢い人でも、人間ですから間違えることだってありますよね。そこで、地球全体のコミュニティの在り方を考えてみようというのが「暗号通貨」のアイディアと呼べるのかもしれません。
仮想通貨と呼ばれているものですが、正式名称は「暗号通貨(Crypto Carrency)」といいます。よく電子マネーとの違いを聞かれますが、電子マネーは日本銀行券などが電子化されたものです。でも暗号通貨の発行者は人ではなく、プログラムが行う仕組みになっています。僕は分かりやすく伝えるために「インターネットがお金を生み続けている」と表現しています。
地球規模で考えましょうというこの暗号通貨は、サトシ・ナカモト(※正体不明と言われている)と呼ばれる方のある論文が発端となりました。そこには「ブロックチェーン」と呼ばれる、暗号通貨を支えるアイディアが書かれていました。それは暗号通貨のインフラとしての仕組みと言えるかもしれません。ポイントはオープンソースであるということ。オープンソースでいうとWikipediaが近いかもしれません。素晴らしい集合知で成り立っている仕組みです。でもWikipediaが生まれた当時はインターネットの情報に懐疑的な人が多くて、広辞苑などの辞書が一般的でした。辞書内にどんな言葉を入れようか、外そうか、最終的なジャッジをする人たちが決める。つまりそれも中央集権的と言えますね。でもWikipediaなら、東京タワーの高さの記述が間違っていたとして、誰かが気づいたら書き直します。正しい情報であればそれ以上の書き変えが起こらない。この考え方や技術をお金の決済に応用したのが暗号通貨のブロックチェーンです。

権限のある「誰か」が決めるのではなく「参加者全員が互いに」承認し合う

織田さん:お金の送金でいうと、現状は銀行が承認しないと相手に送れない仕組みです。ところが、暗号通貨は参加者全員お互いが「承認」し合って回っている仕組みです。この仕組みを「Peer to Peer(P2P)」といいます。分かりやすく表現すると、通話サービスのSkypeなどはその仕組みですね。

ところでWikipediaは編集しても報酬がありませんが、暗号通貨にはプログラムの正解者に対して明確な報酬があります。昔でいう金の鉱脈を発掘することになぞらえて「マイニング」といい、マイニングをする人のことを「マイナー」と言います。正解したマイナーには2018年現在12.5BTC(ビットコイン)が割り当てられることになっています。

暗号通貨の概要、なんとなく掴んでいただけたでしょうか…?
【後半】は集まったメンバーによる自由なディスカッションが展開します。
次回のレポートもどうぞお楽しみに!
(text:エスラウンジ 松永結実)

参照:暗号通貨の成り立ちについて「漫画 ビットコイン論文」(bitcoin.jp)
https://www.bitcoin.jp/what-is-bitcoin/bitcoin-whitepaper-comic/

これからの生き方について共に考えてくれる方、募集中!
「最近の悩みを話したい!」
「こんな地域になったらいいな!」
「この社会課題をなんとかしたい!」
様々な想いを持った方のご連絡をお待ちしています。

++++++++++++++++++++++++++
主催:株式会社スタッフロール
会場:ビューズ@名駅 http://view-s.jp/
愛知県名古屋市西区名駅二丁目25番21号ベルウッド名駅1F
問い合わせ先:052-462-1608

++++++++++++++++++++++++++

その他のお知らせ